金沢市産学連携ネットワーク

産学連携による新たなものづくり

令和年度
新製品開発・改良促進事業補助

新製品・新システム等の開発、基礎研究及び既存製品の改良に要する経費を助成します。

 
対象者: 金沢市内に主たる事業所又は生産施設を有する企業(ただし令和元年度助成企業は除く)
対象事業: 下記に掲げる企業で、既に基礎研究及び基本的な設計が完了しているもの

(ただし、産学連携コースの基礎研究事業を除く)

     
●新製品開発部門
【産学連携コース】
・大学等の研究機関との共同研究による新製品・新システム等の開発事業(企業全般を対象)
・中小企業者、中小企業団体が行う新製品開発に向けた基礎研究事業
【単独企業コース】
 中小企業者、小規模企業者、中小企業団体が行う新製品・新システム等の開発事業
【企業連携コース】
 連携する中小企業、中小企業団体が行う新製品・新システム等の開発事業
     
●既存製品改良部門
【既存製品改良コース】
 中小企業者、小規模企業者が取り組む既存製品の改良事業
対象経費: 原材料費、部品費、機械設備費、治具費、工具費、外注加工費(全対象経費の5割以内)、共同研究費(産学連携コースのみ)、システム開発経費(情報サービス業を営む方のみ)、工業所有権導入費等
*採択後から事業期間終了までに発生する経費に限ります。
*人件費、事務費、旅費、手数料等は対象となりません。
助成額: ●新製品開発部門
【産学連携コース】
限度額:500~1,000万円〔対象経費の3分の2以内〕
      (*基礎研究事業は限度額:100万円以内)
【単独企業コース】
限度額:200万円〔対象経費の2分の1以内〕
     (*小規模企業者の申請及び*重点分野は3分の2以内)
*小規模企業者…製造業その他においては従業員20人以下、商業・サービス業においては従業
        員5人以下の企業
【企業連携コース】
限度額:400万円〔対象経費の2分の1以内(*重点分野は3分の2以内)〕
*重点分野…環境(再生可能エネルギー関連含む)、福祉又は医療に関する分野
●既存製品改良部門
【既存製品改良コース】
限度額:100万円〔対象経費の2分の1以内〕
募集時期: 令和2年4月13日(月)から令和2年6月12日(金)17:00まで
募集案内(PDF形式)
詳細: 申請要項(PDF形式)
申請書(Word形式)
申請書記入にあたっての注意事項(PDF形式)
申込先: 〒920-0377
金沢市打木町東1400番地  金沢市異業種研修会館
TEL:076-240-1934 FAX:076-240-1903
(金沢市経済局商工業振興課 工業振興係 TEL:076-220-2205)
申込方法: 申請に際しては、事前に異業種研修会館までご連絡ください。申請内容や申請書の記載方法など、相談担当がアドバイスを行います。なお、相談は予約制のため、申請締切までの時間に余裕を持ってお問い合わせください。

 ・相談担当 金沢市総合アドバイザー      太田 富久
       金沢市ものづくりコーディネーター 前川 幸次
 ・相談時間 月曜日~金曜日 9:00~15:30(月曜日は9:00~13:00)

  
kanazawa sangaku renkei network